外観の設定

コントロールセンターの「外観」と「デスクトップ」から設定します。

「背景」ではデスクトップの画像が選べます。

(画像が乱れることがあったので単色に設定しています。)

「スクリーンショット」を起動して自分で画像を保存することもできます。

エディタは『設定』からテーマ(スキーム)の変更、追加ができます。

(gedit,pluma共用のテーマは『GtkSourceView』から"○○.xml"をダウンロードします。)

Sylpheed-Mailのバックの色を変えるには設定ファイルを設置する必要があります。

 >>Sylpheed-Mailの設定方法

おすすめのアプリケーション

・Sylpheed --メール [sylpfeedとsylpeed-i18n をインストール]

・Chromium --ブラウザ [chromiumとchromium-browser-l10n をインストール]

・ Chrome(64bitのみ)[ホームページから linux用パッケージをダウンロード]

・Leafpad;mousepad --テキストエディタ

・Bluefish --html編集エディタ

・Pinta --画像エディタ(GIMPが使いにくい場合におすすめ)

その他のアプリもLinux-mintのパッケージからインストールした方が安全です。

お望みなら「Wine」も使うことが出来ます

 ※ XPのすべてのアプリがうまく動くわけではないようです。

ブラウザ・メーラーの変更

「Chromium」や「Sylpheed」などをデフォルトに設定して、リンクをクリックした時にすぐ起動させるには、「設定」-「お気に入りのアプリ」を使用してそれぞれを選択します。その後システムを再起動すると設定されます。

もう一度「お気に入りのアプリ」で設定してください。
「メニュー」の「ウェブブラウザ」から起動した時も解除されてしまうようです。
個々のアプリを選択して起動するようにしてください。

◆Thunderbirdからlink先を開くと連携しているFirefoxが起動してしまいます。

※Firefoxとの連携を解除したい場合

Thunderbirdを起動し「設定」-「詳細」-「設定エディタ」を開く。

検索欄に「external.http」と入力すると「network.protocol-handler.warn-external.http」「...warn-external.https」が見つかります。

それぞれの上でダブルクリックすると値が「true」に変わります。

閉じて設定終了です。

◆Sylpheedからlinkを開く時のブラウザを選択する

[google-chrome '%s']あるいは[chromium-browser '%s']と記入して完了。

アプリの起動用アイコンは「ファイルシステム/usr/bin」の中にあります。

◆Firefoxの検索エンジンを変更する

検索バーの管理からGoogleを追加できます。

エディタの変更

プログラム等のファイルの編集をするのでなければ、デフォルトのエディタより「Leafpad」が軽快で便利です。

「システム」-「Synapticパッケージマネージャ」から検索。

インストールを指定し適用する。

「アクセサリ」から「leafpad」を起動できます。
保存されたテキストアイコンの上で右クリックし「プロパティ」を開く。
デフォルトに指定する場合は「これで開く」で「leafpad」を選択する。


◆SHIFT-JISの文書が文字化けしないようにする

leafpadでは WindowsのShift_JISで保存されたファイルを開いても文字化けしませんが、

"pluma"あるいは"gedit"で開くと文字化けします。

●簡単な文字化け対策としては、"leafpad"でUTF-8に変換保存してしまう。

●"pluma""gedit"で開く場合は、起動させてファイルの項から「開く」を選択。

ファイルを選択後「エンコーディング-自動選択」を展開させて形式を選択して開く。

●エンコーディングを登録設定する場合は展開して『追加と削除』から使用するエンコーディングを選択する。

(WindowsのShift-JISは CP932と呼ばれています。参照

※ファイルを保存する時はUTF-8をおすすめします。

※オフィスなどを使用する場合でも、拡張子(.doc;.txtなど)をしっかり付けて保存するとWindowsでも開けます。

◆他言語のフォントを削除する

Office Writerを起動してフォントをチェックすると奇妙なフォントがあります。

自分がいつも使うフォントを設定しておけば邪魔にはなりません。

もし他言語のフォントを削除したい場合はこちらを参照

 

LinuxMint は Debian と Ubuntu をベースとしており安全で信頼できるOSです。
Mint17 は "Ubuntu 14.04 LTS" をベースとした 長期サポート-LTS版となります。
2019年までサポートされますのでほぼメンテナンスが要りません。